アカデミック・ジャパニーズ・グループ研究会

研究会のご案内

第44回AJG研究会
「コミュニティを越えていく “しかけ”づくり」

趣旨説明

 2008年以降、「留学生30万人計画」という政府主導の政策が展開され、現在日本国内の大学には多くの留学生が在籍しています。しかし、せっかく日本に来ているのに「留学生」の枠を越える機会が少なく、周囲から「お客さん」としての認識を持たれている、あるいは自身でそう捉えているケースが少なくないようです。そのようなことから、なかなか日本人と、あるいは日本社会に生きる人たちと接する機会が持てないとの声を耳にします。また、日本語教師はとかく教室内での言語学習に注目しがちです。しかし、留学生が日本語学習の中で参加していくコミュニティとは、教室内の同じような日本語学習者メンバーとのコミュニティに限らず、教室外のより広い環境での多様な人々と関わり合うコミュニティでもあり、そうした人たちとの相互行為を営みながら日本語学習者としてのアイデンティティを更新していくものと考えられます。また、こうした考えに基づく日本語教育実践研究も現在大きく展開しております。例えば、留学生と日本人学生が単なる一時的な「交流」に終わらないプロジェクト型授業に参加し継続的に協力し合いながら、双方の学生たちは互いの差異に気づき、また自身の価値観を新しくしていくという教室実践の報告がいくつかあります。こうした試みは「共修」、「共学」といった言葉で近年注目され、新たな可能性を広げています。
 今回お迎えする杉原由美先生(慶應義塾大学)、島崎薫先生(東北大学)には、こうした「留学生」の枠を越え、また固定化されたコミュニティを越えていくために必要なしかけをどのように準備するかについて、具体例を交えてお話していただきます。こうしたお話をもとにして、参加者間で、多様な文化的背景を持つ学習者たちが共に学ぶ「共修」の可能性について考えていけたらと思います。

第44回 世話人

石澤 徹 (東京外国語大学)
伊藤奈津美(早稲田大学)
大島弥生 (東京海洋大学)
髙橋圭子 (フリーランス)
松本明香 (東京立正短期大学)
茂住和世 (東京情報大学)
吉田美登利(東京工業大学)

概要

日時 2018年2月18日(日) 10:30-17:00
会場 東京海洋大学 品川キャンパス 楽水会館大会議室
定員 80名
*定員になり次第、締め切らせていただきます。
参加費 AJG会員:無料
非会員:1000円
申し込み期間 2018年1月10日(水)~1月31日(水)

*研究会当日の入会は、お受けできなくなりました。
 非会員の方で、本研究会より会員としての参加を希望される方は、お手数ですが事前にご入会いただきますようお願い申し上げます。

プログラム(講演・ワークショップ趣旨および会員発表要旨はこちら

10:00受付開始
10:30-12:00会員発表
12:00-13:00昼食兼交流会
13:00-16:50講演とワークショップ
「コミュニティを越えていく “しかけ”づくり」
講師:杉原由美氏(慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス)
   島崎薫氏 (東北大学)
17:00閉会

*スケジュールを変更させていただく場合がございます。ご了承ください。

講師紹介

杉原由美氏(慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス 総合政策学部准教授)

専門分野は、日本語教育学、多文化教育、エスノメソドロジー・会話分析。多様な言語・文化背景をもつ者同士が、日本語を使う環境でどのようにコミュニケーションをしながらよりよく共存していけるか、実践と研究を通じて追究している。主な業績として、『日本語学習のエスノメソドロジー - 言語的共生化の過程分析』(2010年、勁草書房)、「日本型多文化共生社会に向けた学びのデザイン-カリキュラムマネジメントの視点から-」(共著) 『異文化間教育』44(2016年)など。

島崎薫氏(東北大学 高度教養教育・学生支援機構高等教育開発部門国際化教育開発室 講師)

専門分野は、日本語教育、留学生教育。学習環境デザイン、言語学習者のアイデンティティ、社会文化アプローチから見た日本語教育、特に実践コミュニティやコミュニティ間の越境に興味がある。国際共修クラスで留学生とすずめ踊りを始めてもうすぐ4年だが、未だに踊れないのが悩み。主な業績として「『実践コミュニティ』とは?:実践コミュニティの理論」(共著)『外国語学習の実践コミュニティ : 参加する学びを作るしかけ』(2017年、ココ出版)、「学生と学生をつなぐ:学生はどうつながり合い,そこからどう学んでいるのかを考える」『人とつながり、世界とつながる日本語教育』(2016年、くろしお出版)など。

お申込みはこちら

 2月18日 第44回AJG研究会「コミュニティを越えていく“しかけ”づくり」(外部リンク)