アカデミック・ジャパニーズ・グループ研究会

研究会のご案内

AJG第41回研究会 会員の発表および講演・ワークショップ
「体験!TAE―語りや振り返り記述から始める質的研究―」

講演とワークショップ趣旨説明

 開智国際大学の得丸さと子先生をお迎えして、現象学を背景とした研究法TAE(Think at Edge)について講演をしていただき、ワークショップでこの手法を使って質的研究を体験する企画を行います。
 日々の実践の中で、アンケートなどではすくい取れない現場の複雑さを研究対象にしたいと思っている方は多いと思います。一度きりの現場の臨場感を、単なる個別例の記述に終わらせず、研究の対象とすることができる方法として質的研究は有効で、エスノメソドロジー、M-GTA、TAEなど、様々な手法が取り入れられてきました。中でも、TAEはトレーニングの方法が確立されていて、手順が明確であるため、初級者でも取り組みやすいという特徴があります。
 この機会に実践のリアルな感じを表現する経験をしていただきたいと思います。

 参考文献:得丸さと子著(2010)『ステップ式質的研究法―TAEの理論と応用』海鳴社

第40回 世話人

伊藤奈津美(早稲田大学)
大島弥生(東京海洋大)
小笠恵美子(東海大学)
清水まさ子(国際交流基金)
高橋圭子(フリーランス)
松本明香(東京立正短期大学)
茂住和代(東京情報大学)
吉田美登利(東京工業大学)

概要

日時 2017年2月11日(土) 10:30~17:00
会場 東京海洋大学 品川キャンパス 楽水会館大会議室
定員 80名
申し込み期間 2016年12月12日(月)午前10時〜1月31日(火)
定員になり次第締切りますので、お早めにお申し込みください
参加費 会員:無料
非会員 1,000円(非会員の方の当日の入会も受け付けます)
申し込み期間 2016年12月12日(月)〜 2017年01月30日(月)

プログラム

【午前の部】会員の発表 発表内容は決まり次第掲載いたします。
10:00 受付開始
10:30-12:00会員発表
12:00-13:00昼食兼交流会
【午後の部】講演とワークショップ

講師:得丸さと子先生(開智国際大学)
  「体験!TAE―語りや振り返り記述から始める質的研究―」

13:00-13:40講演
13:50-15:50ワークショップ
16:00-17:00閉会

*若干スケジュールを変更させていただく場合がございます。ご了承ください。

講師紹介

開智国際大学 リベラルアーツ学部教授。博士(人文)。
専門は、日本語教育学、日本近世文学、質的研究法。
近年はTAE(Thinking At the Edge)を応用した文章表現法や質的研究法を研究している。

著書『TAEによる文章表現ワークブック』(図書文化社)、『ステップ式質的研究法-TAEの理論と応用』(海鳴社)、『学習者主体の日本語教育』(分担執筆、ココ出版)、『こども理解のメソドロジー』(分担執筆、ナカニシヤ出版)など。

懇親会

時間:18:00から
場所:品川駅周辺
会費:4,000円~4,500円程度
*当日キャンセルの場合は会費を頂戴することがありますので、ご注意ください。

アクセス

東京海洋大学 交通案内 https://www.kaiyodai.ac.jp/overview/announcement/access/shinagawa.html
東京海洋大学 品川キャンパスマップ https://www.kaiyodai.ac.jp/overview/announcement/map/shinagawa.html

参加申し込みに関する問い合わせ先

東京工業大学 吉田美登利
saratokomachiあっとまーくyahoo.co.jp
*あっとまーくはご自身で半角英数で入力してください

お申込みはこちら【準備中】

2016年12月12日(月)10時から開始予定