アカデミック・ジャパニーズ・グループ研究会

アカデミック・ジャパニーズ・ジャーナル(AJジャーナル)

AJジャーナル 第8号 2016年7月

実践報告
「日本事情」アクション・リサーチの試み 髙橋圭子 1-9
対話の場としての日本語の教室
―短期留学プログラムにおける日本語の教室の位置づけを考える―
古屋憲章
加藤 駿
山口友里恵
10-18
調査報告
中国語を母語とする日本語学習者におけるパーソナルコンピューターでの作文過程
―手書きによる作文過程との比較から―
石毛順子 19-27
中国の大学における卒業論文作成指導の過程からのアカデミック・ジャパニーズ教育への示唆
―学習者・指導者の認識に着目して―
大島弥生
陳 俊森
山路奈保子
因 京子
28-36
中国語を母語とする初級日本語学習者における日本語漢字語彙の学習ストラテジーに関する調査 胡  環 37-44
教師が考えるピア・レスポンスの意義と実践の関わり 柴田幸子
伊藤奈津美
藤田百子
ドイル綾子
石川早苗
45-54
学生時代に培われたアカデミック・ジャパニーズと職場での活動のつながり
-理系・文系の元国費学部留学生の事例から-
菅長理恵
中井陽子
55-64
作文・レポート教材における重複と省略に関する記述の分析 内藤真理子 65-73
短信
インタビュー調査からみる中国人留学生が母国の学校教育で学んだ文章の書き方について
-作文参考書の利用を中心として-
大野早苗
莊  嚴
74-82
編集後記・刊行年月・編集委員・アドバイザー協力者

AJジャーナル 第7号 2015年7月

実践報告
「総合活動型日本語教育」を取り入れたレポート活動
-中級日本語クラスにおける課題達成までのプロセス-
松本陽子
手島利恵
1-9
レポートと小論文クラスにおける上級日本語学習者の問題点
―不適切な問と不適切な答えの分析を通して―
山口惠子
鈴木秀明
10-17
調査報告
中国語を母語とする中級日本語学習者のパーソナルコンピューターを用いた
作文過程で見られる発音と表記方法の変化
石毛順子 18-24
文語文を学ぶ漢字系学習者が困難を感じる点
―中国・台湾の日本学研究者に聞く―
佐藤勢紀子 25-32
編集後記・刊行年月・編集委員・アドバイザー協力者

AJジャーナル 第6号 2014年7月

研究論文
ライティング・センターのチューターは
ネイティブチェックをどのように捉えているか
―質問紙によるチューターの意識調査から―
秋田美帆
ドイル綾子
大森優
1-11
レポート作成と口頭発表の学習プロセスにおける学習ストラテジーの分析
―学習者に応じた柔軟な活動デザインと支援のために―
中井陽子
鈴木孝恵
12-22
実践報告
中級学習者に対するディクトグロスの実践
―文法クラスでの取り組み―
山口惠子
鈴木秀明
23-30
「コミュニケーション・トレーニング」
―総合的授業実践の試み-
髙橋俊夫
髙橋圭子
31-38
「防災を考えよう」の実践報告
-日本事情クラスで行う意義と可能性-
松本明香 39-47
授業の理念と目標を可視化すること
―中上級日本語コース開発プロセスの記述・分析から-
武一美
小高葉子
48-56
調査報告
シャドーイング練習導入期における学習者の意識の変容
―大学生・大学院生を対象とした6週間の縦断的調査から-
木村亮子 57-65
JFL環境のタイ人日本語学習者のピア・レスポンスに対するビリーフ
―テキスト・マイニングによる分析-
前野文康 66-74
英語・韓国語・中国語を母語とする初級日本語学習者の作文過程
―母語使用の観点から-
石毛順子 75-83
アカデミック・リスニングにおける留学生の聴解行動
—外国人留学生と日本人中学生の比較より—
足立章子 84-93
学部留学生の論説文における引用の課題 矢野和歌子 94-101
編集後記・刊行年月・編集委員・アドバイザー協力者

AJジャーナル 第5号 2013年6月

研究論文
ライティング・センターにおける新人チューターの課題
―新人研修ワークシートの内容分析―
太田裕子
ドイル綾子
坂本麻裕子
佐渡島紗織
1-10
実践報告
初級前期からのアカデミック・ジャパニーズ教育
―初級前期の口頭発表の実践―
ボイクマン総子 11-19
ブック・トークとポスター発表を通じた読解の方略の獲得支援 大島弥生 
大場理恵子
20-28
調査報告
中国語を母語とする日本語学習者の日本語作文過程での
中国語使用
石毛順子 29-37
理工系博士後期課程の学生は口頭発表をどのように捉えているか 
―留学生と日本人学生へのグループインタビューから―
仁科浩美 38-45
アカデミック・ライティングに対する日本語学習者の意味付け
―卒業論文を作成した中国の大学における日本語専攻生への
調査から―
楊秀娥 46-54
研究ノート
海外の高等教育におけるアカデミック・ジャパニーズとは
―香港の学習者へのインタビューを通して―
瀬尾匡輝 55-63
意見文における問題提起の指導 小山貴之 64-72
編集後記・刊行年月・編集委員・アドバイザー協力者

AJジャーナル 第4号 2012年6月

研究論文
大学院での専門日本語教育に協働学習を用いる意義についての一考察
― 「自分が分からないところは何か」に気付く授業デザインの視点から ―
神村初美 1-10
実践報告
クリティカルペダゴジーを取り入れた初級プロジェクト活動
―海外の初級コースにおけるアカデミック・ジャパニーズの実践―
瀬尾匡輝 11-18
作文指導におけるシニアフィードバックの試み
―専門との連携の一形態―
近藤行人
田中典子
19-26
小論文授業におけるピア・レスポンスについて
―自己推敲力の育成のために―
中川純子
江森悦子
27-34
「聴解・口頭表現」の授業におけるディベートの取り組み
―批判的思考力育成を目指して―
内藤真理子 35-42
調査報告
災害後の留学継続の判断要因
―短期留学生の場合―
小笠恵美子 45-50
研究ノート
自己評価活動で学習者は変わるのか?
―中級会話授業の自己評価活動がパフォーマンスに与える影響―
斉木ゆかり
中村フサ子
小笠恵美子
51-58
編集後記・刊行年月・編集委員・アドバイザー協力者

AJジャーナル 第3号 2011年6月

研究論文
英語または韓国語を母語とする初級日本語学習者の作文過程―母語使用の観点から― 石毛順子 1-8
ピア・レスポンスが推敲作文に及ぼす影響
―分析方法とフィードバックの教示に注目して―
田中信之 9-20
意見文産出過程の方略の分析―作文評価が高い学習者と低い学習者の比較― 吉田美登利 21-32
実践報告
協働の理念に基づいたカリキュラムの継続的な更新にむけて
―学習者は大学院進学クラスのカリキュラムをどのように捉えているか―
江森悦子
佐藤正則
33-46
別科日本語専修課程の留学生に対する協働的ディスカッション活動の試み 青木優子 
山内 薫
47-56
中級学習者による目標設定と自己評価を伴う会話学習の実践
―日常会話能力の向上を目的として―
小笠恵美子
斉木ゆかり
中村フサ子
57-66
研究ノート
明快で論理的な談話に見られる具体化・抽象化操作
―Edgar DALEの「経験の円錐」の論理的認知プロセスをめぐって―
山本富美子 67-77
学部留学生対象の日本と教育を考える学部留学生対象の日本語教育を考える
―中国人男子学生のライフストーリーを通して―
中山亜紀子 78-85
外国人留学生の講義理解についての自己評価 
―日本人大学生との比較を通して―
小川 都 86-98
「文脈化」にもとづく中・上級文型学習の枠組み試案 惠谷容子 99-107
ライティング・ワークショップの秘密
―選択理論を通してライティング・ワークショップを眺めてみる―
影山陽子 108-117
短信
学部生を対象とした実用文作成指導の試み 高橋 薫 118-126
編集後記・刊行年月・編集委員・アドバイザー協力者

AJジャーナル 第2号 2010年6月

研究論文
学習ストラテジーが非現場指示用法の習得に与える影響について
-第二言語学習者と外国語学習者の比較-
孫 愛維 1-10
学術基本用語集作成の試み 角 知行 11-21
実践報告
アカデミック教育とキャリア教育を融合した日本語表現法授業の実践例
-アカデミック教育とキャリア教育に共通する基礎力の涵養をめざして-
大場理恵子
中村 恵子
22-31
ビジターセッションで参加者双方は何を得るか
-留学生と日本人学生によるスピーチ作成に向けた会話の分析-
小笠恵美子 32-40
大学学部留学生授業におけるライティング・ワークショップの試み 影山陽子 41-55
理工系の口頭発表学習のための段階的な学びの場を創る
―日本語教師による理工系学部生の専門日本語表現教育の試み―
村上康代 56-65
パラグラフ・ライティングを基礎にした文章表現指導 山口恵子 66-83
調査報告
「第二言語作文のプロセスモデルの構築」パイロット調査報告 石毛順子 84-89
「~ハ~テイル」引用文の論文中での使用目的 清水まさ子 90-100
研究ノート
意見文における譲歩構造の機能と位置
―「確かに」を手がかりに-
伊集院郁子 101-110
短信
教科学習につながる日本語ワークシート作成の試み
-外国につながる高校生の支援から-
髙橋 圭子
井草まさ子
111-118
編集後記・刊行年月・編集委員・アドバイザー協力者

AJジャーナル 第1号 2009年6月

発刊の辞 門倉正美
研究論文
日本留学試験のプロフィシェンシー 
―「複テキスト性」という観点の提案―
門倉正美 1-16
第二言語の作文に対する学習者の意識 石毛順子 17-24
自律的な書き手を育成する活動としてのピア・レスポンス
-学習者のピア・レスポンスへの適応過程の分析を通して-
田中信之 25-36
実践報告
サンプル論文で学ぶ論文作成の技法
―「研究のための日本語スキル」授業報告―
佐藤勢紀子 37-47
学部留学生に対する論文読解の支援の試み
―論文スキーマの育成をめざして―
大島弥生 48-56
口頭発表に対する質問票の記述に見る学習者の学びの過程
-日本人理工系学部生のための日本語教育の実践から-
村上康代 57-64
研究ノート
論文の引用に関する基礎的調査と引用モデルの試案 二通信子 65-74
活動報告
アカデミック・ジャパニーズ・グループ(AJG)は何を目指し、
何を積み重ねることができたのか
―今までの会の活動を振り返って―
堀井惠子

75-86

刊行年月 ・編集委員・アドバイザー協力者名